秋田県を考えるサイト

秋田県を考える

秋田県はこれからどうなるんでしょうか?

 

私には分かりませんが、きっと未来は明るくない!?

 

そんな気がします。少子高齢化と言われますが、秋田県の高齢化率は全国でもトップクラスです。

 

このままでは人口が無くなる!と言われていますね。

 

それに対して行政がどんな有効な手立てをしているのか?

 

これは全く皆無ですよね?

 

また行政側からすると、自分達のせいなのだろうか?それは違うのではないかという意見が出てくる始末です。

 

では一体誰が秋田県の将来を考えることができるのか?民間にはその余力が無いのではないかということが現実なのです。

 

民間が考えるべき?秋田県の未来

何でも行政や政治のせいにしても意味がありません。

 

そういったことで民間で出来ることはしていく。これは理想ですね。

 

その理想を実現するには一体どうしたら良いのでしょうか?

 

いやそもそも理想を実現することが目的なのでしょうか。そうではなく、少子高齢化を言葉は悪いですがどんな手段を使ってでも止めないといけないのではないかという疑問すら湧き上がります。

 

それを民間がする、行政がする、地方の政治家がするどんなことでも構わないわけですね。

 

しかし、秋田県で誰がそれをできる余力があるのかを考えるのがまず第一歩でしょう。

 

何となく、民間の力だとか、行政がやるべきだとかそういった議論をしても意味がありません。

 

誰が今着手できるのかを考えることが必要に迫られています。

 


ウチで取れました^^

 

今しなければ秋田県は無くなる

今考えなければならないことは上述のようなことです。

 

全く具体性を欠いた内容ですが、非常に重要なのです。

 

それは今しなければならないことの優先順位がそれだからです。

 

それを考える、議論することができる人達というのも問題になってきますね。

 

一体誰が秋田県の未来を考えることができるのか?

 

一般の人々は政治だとか行政だとか秋田県の未来だとかそんなことを考えている余裕がないといわれています。

 

税金や社会保障費は年々上がっていき、生活を圧迫されている層というものが増えています。

 

そういう観点から考えると、絶対に一般人では考える余力がないのではという結論になりますね。

 

秋田県は消滅して良い!?

一方で秋田県は消滅して良いのではないかという意見もあります。

 

これは全国的な話になりますが、地方都市は無くなるのであれば無くなっても仕方ないという意見です。

 

例えば今、移民を入れようという機運が一部で上がっていますが、一般的に言って日本に移民を入れるというのは非常に難しい話です。

 

隣県の困っている人達(例えば被災したかつての福島県の人達)を受け入れることですら、どうもうまくいかなかった側面がありました。

 

放射能という特殊な問題があったものの、閉鎖的な日本人の悪いところが出てしまい、同じ日本人でも人間関係がうまくいかなかったという悪い過去があります。

 

これは一切今も変わっておらずこういった状況下で移民を受け入れるというのは不可能に近いと感じられます。

 

まして地方都市、田舎の方に外国人を受け入れる余地があるのか?

 

これは居住地を別にする以外にないでしょう。

 

そんなことをして外国人を受け入れて、例えば秋田県を存続させるという意味があるのか。

 

単に日本の中に外国人居住地を作るだけではないかという疑問しか残りません。
それを考えると移民政策は全く的を射ていない話であると言えるでしょう。

 

秋田県向けのPR記事

秋田の皆様へ
自動車を売る時にあなたはどうされていますか?

 

もしかしてディーラーへ下取り?
それはちょっと勿体無いですね。

 

まずは車買取 秋田をご覧になって下さい。

 

その理由が分かる筈です!